無理に病院へ行かないこと

>

薬の服用方法や投与方法を知る

用法や容量を守ろう

飲み薬を渡されたら、必ず服用してください。
きちんと自宅で服用していれば、容体がよくなります。
しかし、飲みすぎないように気を付けてください。
病気に効果のある薬を大量に飲んだって、良い効果を発揮できません。
むしろ容体が悪化する危険性があります。
また、服用する時間が決められている薬もあります。

食後や就寝前など決められているなら、その時間に服用してください。
正しく服用すれば問題ないので、薬に関する疑問があれば医師に聞いてください。
何のために服用する薬なのか、医師は詳しく説明してくれます。
納得できない部分があれば、何度も聞いてください。
納得できてから服用しないと危険です。
間違った方法では、命を落とすこともあります。

注射器を使ってみよう

薬を体内に投与するために、注射器が使われることがあります。
通院できる人は医師や看護師に任せられますが、自宅治療をしている人は自分で注射器を使わなければいけません。
非常に扱いが難しいので、説明書をよく読んでください。
読んでもわからない場合は、医師に聞いてください。
電話で聞いても構いません。
次回医師が検診に来てくれる日を待っていると、時間がなくなってしまいます。

病院が経営している時間だったら電話に出てくれるでしょうから、注射器の使い方を具体的に聞いてください。
慣れればスムーズに、注射できるようになります。
失敗したら、うまく体内に薬を入れられないので病気の進行を抑えることができません。
慎重に実践しましょう。


TOPへ戻る